BLOG

TIESな日々
そのままに。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ケースメソッド
  4. ケースメソッド授業を自社で実践 1

ケースメソッド授業を自社で実践 1

今日はお店の定休日ですが、社員とパートスタッフと集まって、自社をケースとしたケースメソッド授業を開催しました。
この日に向けて、昨年から一体どれほどの準備をしてきたことか、、、正月も返上でケースを書き、設問を考え、何度も何度も授業計画を練り直しました。vol.10位いったんちゃうかな。
自社をケースとして扱うケースメソッド授業は、未来に向けて意見を出し合う会議とは違って、「自社の歴史を振り返り、過去の事象から、スタッフ同士が、討議を通じて学びを獲得する」ことを狙ったものです。それぞれが会社のことをしっかり考え、自分の意見を発言し、周りの意見に傾聴する。僕は授業者ですが、明確な教育目的を持って授業を運営しながらも、自分の考えを述べたり、何かを教えたりはしません。参加者に委ねながら、ディスカッションのリードを行なっていくのですが、言うほど簡単ではないですよね〜。笑
でも、活きた学びになったのではないかと。この時間は、紛れもなく、「学びの共同体」が形成されてたと思う。これまで14年近く会社をやってきて、今日ほどスタッフからの沢山の意見や考えを、僕を含めてそれぞれが聴く機会はなかったと思うから。

参加して下さったみなさん、本当にありがとうございました。
また、出来の悪い生徒だった僕に、多くの時間を割いてお付き合い下さいました、チームイノベーション道場広島の、村上先生と丸尾先生をはじめ、TAの方々、そしてT.I.E.Sで共に学び合う仲間に、心から感謝します。
「良い機会になりました!」で終わらないよう、今日までの経験を明日からまた活かして参ります。

ちなみに、チームイノベーション道場広島の2期生の募集が始まります。広島県商工労働局かな、が主催なので、費用もほとんどかからないですし、これほど学び合える場は無いと思います。興味がある方は是非問合せてみて下さい(^ ^)

 

株式会社モンテドール
杉田雅之

関連記事

参加申し込み開始

TIES2022年度参加申し込み開始募集要項

アップサイクルプロジェクト

見えない「もったいない」も宝物に変える、地域連携ファクトリー